アメリカ南部の夫婦のんびり生活をご紹介


by chocolatepecan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ゴールド・ラッシュ

先日、30度を越える日が続いています~ とか言ったけど、
アメリカでは華氏が使われているから、摂氏に計算して見直さないとイマイチ何度か実感できない。

で、昨日、計算してみると、なんと 37度 もあった。

暑すぎ…。

さすがに昼間は湖で魚を釣っている人もいないよ。
8月になると40度を越す日もあるらしい。
さすが、南部。

40度を超えると、お風呂の温度と同じやん!

そんな暑い中、ノースキャロライナにある Reed Gold Mine という所に行ってきました。

ここは、なんとアメリカで初めてゴールドが発見された場所。
ゴールド・ラッシュといえば、カリフォルニアのイメージが強いけど、実は東海岸だったのです。

Reed Gold Mineというのは、Reedさんが発見した金の鉱山という意味。
現在では、鉱山跡と博物館があります。

e0122968_343129.jpg


ここでは、無料の鉱山ツアーが行われています。

e0122968_354367.jpg


↓この乾いた小川で1799年にReedさん親子が黄色の石を発見しました。
(今は、水がないけど季節によってはあります。)

e0122968_365835.jpg


そして、発見した黄色の石を3年くらい、自宅でドアの重石として使っていたらしい。
で、ある日、働きにでた先の街の宝石屋で鑑定してもらうと、宝石屋さんに

「いくらで売りたい?」

と、聞かれました。

そしてReedさんは、当時の農家で一週間で稼げる金額、

「$3.50で売ります。」

と、言いました。
そして、その後、Reedさんは、この宝石屋さんが、この黄色い石を$3,600で転売していたことを知るのです。

くやしがったReedさんは、それから黄色い石を見つけた場所で鉱山を開いたのです。

e0122968_314268.jpg


↑鉱山跡の入り口。

↓鉱山の中

e0122968_315367.jpg


このReed Gold Mineでは、記録されているだけで、当時、15億円くらいのゴールドが発見されています。
そして記録されているのと同じくらいの金額のゴールドが鉱山労働者によって盗まれたといわれています。

そして当時の15億円というのは、現在の50倍くらいの金額になるそうです。
(計算は自分でしてね!)

e0122968_3193542.jpg


お金を払うと砂金取り体験もできるよ!
[PR]
by chocolatepecan | 2007-07-16 11:39 | ちょっと活動