アメリカ南部の夫婦のんびり生活をご紹介


by chocolatepecan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

南部人は話好き

ちょっと、こぼしていいですか?

昨日、ご近所のケーティとランチの約束をしたんです。仕事が12時に終わるらしいので、張り切って午後から遊ぼうということになって。

もともと彼女の仕事場があるフローレンスで食事してショッピングしよう!という話だったのですが、ボスに用事を頼まれたらしく地元に帰ってくることになって、ランチもここですることになったのです。

まず、ここで私の楽しみ半減。

理由
その1. この町で美味しいレストランは本当に数少ない。人口8千人の街ですから!
その2. なぜか皆、同じレストランばかり行きたがる。
その3. ショッピングできる場所がない。

理由その2.が本当に私へのダメージが大きい。
だって、その前の晩もそのレストランで一緒に夜12時ごろまで騒いでいたんだよ。
なのになぜ、同じレストランへランチを食べに行きたいのか私には不思議

でも、ケーティはそのレストランのフレンチフライ(ポテト)がどうしても食べたいらしく、結局その店へ。

ここまでは百歩譲って、まぁ、よしとしましょう。
だって彼女は朝からストレスの抱えた仕事を終えてきたのですから。

一方、ネーコは仕事なしの自由人。(キチキチのワイフビザでアメリカにいるので仕事できないの)
朝から半身浴して、本読んで、ブログ探索して出かけたのですから、ケーティの願いを聞いてあげよう~という気にもなりますよ。

でもね、12時半くらいにそのレストランに入ったんです。
で、ランチを終えて出たのが3時50分

その間、ネーコが食べたのはサラダと水のみ。
ケーティは(もちろん)ビール飲んでましたよ。久しぶりの半ドンですから。

お酒どうこうより、何が問題かというと、
南部人は話が長い!

シェリーという友達+彼女の子供7歳も一緒にお昼を食べていたんですが、さすがに彼もソワソワ。子供なのに良く我慢してるなーと思ってたんですが、2時間を過ぎたあたりから、しびれが切れて「家に帰りたい~」と言う様になりました。

シェリーが帰って、バーテンの子と話をして…。

この時点でネーコの疲れも、かなり…ピーク。

で、やっとランチを終えていよいよショッピングへ!(と、言っても2店舗のみ。)

で、最後のトドメ が、ある洋服のお店の店長。
知り合いだったのですが、暇だったのか、話す話す。

時計をみると5時。
1時間も立ち話してたよ。

田舎だからかな~。
皆、時間に追われていないからかな~。
話が長すぎて…(涙)

だって、皆、すごくフレンドリーでワキアイアイなんだもん。
なかなか切り上げれなかったよ。
[PR]
by chocolatepecan | 2007-09-27 12:10 | 妻のつぶやき