アメリカ南部の夫婦のんびり生活をご紹介


by chocolatepecan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ラスベガス

先週の火曜日にラスベガスから帰ってきてから一週間。

あっ という間に過ぎました。

それもこれも、我が町の高校に1年間留学生として来ている日本人のYちゃんの歯が痛くなり、急遽、歯医者さんに3日連続で同行したのです。

小さい隙間に生えていた歯が一本、両脇の歯を突然押し出し、どうにもこうにも痛みが止まらなくなったYちゃん。

2週間ぐらい痛みに耐えていたYちゃんですが、とうとう我慢できなくなり、ホストマザーに「病院に連れて行って…」とメモを手渡したのです。

Oh, poor, Yちゃん。

まだアメリカに来て3ヶ月。
英語もままならないので、痛みを上手く説明できない。
ホストマザーに状況を説明するのもイマイチ。

と、いうことでネーコが借り出されました。

結局、歯を抜くハメになり、金曜日に全身麻酔で摘出して一件落着。
Yちゃんもネーコとキチキチが抜いたDr. モーガンという腕の良い先生に掛かったので、安心して手術ができました。

で、やっと、ラスベガスをUPできます。

でもイマイチ、あまり良い写真がありません。

まずは、夜の街の様子。
光の街です。

e0122968_255840.jpg


グランドキャニオンは夜空の星が多くて本当に綺麗でしたが、ラスベガスは、地上の星です。

↓は、シルク・ド・ソレイユのshow ‘O’が公演しているベラージオ・ホテル。
ホテルの前では噴水のshowもあります。

e0122968_2571578.jpg


このシルク・ド・ソレイユのshow ‘O’は、素晴らしかった!!
シーンごとに舞台の一面が大きなプールになって、シンクロスイマーが現れたり。あれっ?と思うと水面を人が歩いていたり。

幻想的で良かった!
日本人のシンクロスイマーの人も出演しています。

ベラージオホテルのロビーの天井も迫力↓

e0122968_301856.jpg


フロントデスクもカワユイ。

e0122968_31572.jpg


ラスベガスといえば、ギャンブルをするか、showを見るか、ショッピングをするか、ホテルでバイキングするかのどれか。

ギャンブルもしない、ショッピングもしないネーコとキチキチには、あまり用のない街です。

土地が乾いているので、一軒家で芝生を植えていると水道代だけで月々$400以上するそう。
5万円を超えるというのです。

ひぇー。

ネーコとキチキチもshowとグランドキャニオンは又見たいけど、ラスベガスはもういいね~という感じでした。
[PR]
by chocolatepecan | 2007-10-22 13:49 | ちょっと活動