アメリカ南部の夫婦のんびり生活をご紹介


by chocolatepecan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お葬式

土曜日は、セルマの兄弟の奥さん(ナンシー)が亡くなったのでお葬式に参列しました。
ナンシーとは、2度ほど会う機会がありました。

ナンシーとセルマの兄弟は、チャールストン近くのビーチに住んでいました。
去年の夏、セルマが心臓の手術を受けにチャールストンに行った際、ナンシーの家まで車でセルマを送り届けたのです。

お葬式は、ナンシーが住んでいた家の近くの教会で前日に行われ、わたし達が住んでいる町のお墓でも翌日行われました。

11時から始まったのですが、終わったのは10分後。

お葬式も日本と違って手短でした。
彼女の地元ではないので参列者も家族と家族の友人のみ。(だろうと思われる。)

お式を執り行ったのは、ナンシーの教会の牧師さんでした。
聖歌を歌って、聖書の箇所を家族と牧師と参列者が何箇所か読みました。

こちらは、日本と違って、参列者の服装もバラバラ。
黒い色を着なくてもOK。
何色の服を着ていても良いようです。

お葬式が終わった後、ブルドーザーがお墓の敷地に入ってきていました。
棺を土の中に埋める為です。
こちらは、土葬です。

参列したメンバーに、隣のフランも一緒だったのですが、フランのご両親のお墓も同じ敷地内にあるらしく案内してもらいました。

そこへ案内されると、しっかりフランのお墓も準備されていました。

「なんか変な感じだけど、準備してるのよ~」emoticon-0102-bigsmile.gif ウフフ~ と笑っていました。

セルマの方も、旦那さんのお墓の横にセルマの誕生日の日付が入った石がしっかり地面に埋まってありました。

ウム。
[PR]
by chocolatepecan | 2008-09-14 22:04 | 妻のつぶやき

新しいレストラン

今日のお昼は、ハイキ夫妻とわたし達夫婦4人でランチを食べに行きましたemoticon-0142-happy.gif

ハーツビルで今話題のレストランです。

このレストランはドアにお店の標識もなく、口コミのみでお客さんがくるレストランです。

しかも火曜、水曜、木曜のランチのみオープン。

e0122968_1049213.jpg


e0122968_10502858.jpg


元々は、モルモン教の教会だったのをオーナーが買い取って、室内を改造したそう。

e0122968_10493374.jpg


この街には、なかなか無い都会っぽい雰囲気です。
しかも、サラダはオーガニックでパン、ドレッシングは自家製。

とても美味しかったです。
いつも、お客さんが絶えないのも、うなずけます!

e0122968_1050049.jpg

[PR]
by chocolatepecan | 2008-09-11 10:44 | のんびり生活

パーティ

****今日は、物語風でお伝えします****


ある日の夜、ケリーは高速道路を時速100Kmで運転していた。
仕事が遅くなり、自宅で待っている子供を心配し帰り道を急いでいたのである。

そこへ、運悪く警察が!

急いでいる時にかぎって、こういう目に合う。
しかもケリーは、仕事帰り。

本当についていない。

車を脇に停めると、警察官が窓にフラッシュライトを持って近づいてきた。

「免許書と、車の保険証を見せなさい。」

ケリーは、ビクビクしていた。
車の中にあるものを、どうしても警察官に見つかりたくなかったから。

「お酒は飲んでないね。」 と言いながら警察官は、フラッシュライトを後部座席へ。


あっ!


と、赤面するケリーemoticon-0111-blush.gif

彼女は、仕事道具のピーター達(愛称)emoticon-0134-bear.gifをバスケットにポンッと入れて、後部座席に置いていたのである。

「これは、これは。沢山、GUNを持ち歩いているね~。」 と、感心する警察官。

GUNと聞いて、パートナーの警察官も車に近づいてきた。

恥ずかしくて、恥ずかしくて、早く家に帰りたいケリー。
何も悪いことはしていないのである。

「君の名刺をくれ。妻にも教えてあげるよー。」 と、陽気になった警察官。

逃げるように、ケリーは名刺を置いて帰って来た。



**** 先週の土曜日 ****


そんなケリーが仕事にしている、ピーターemoticon-0134-bear.gifのパーティに誘われた。

参加者は、女の子だけのパーティ。
ゲイだってオカマだって入れない、本物の女の子専用パーティ。

e0122968_2562484.jpg


この手のパーティは、主宰者がケリーに連絡し、日を決めパーティの場所(大抵は誰かの自宅)に来てもらうらしい。

参加メンバーは、主催者が招待した人のみ。

アメリカでは、結婚前に女の子だけが集まるブライダル・パーティですることも多いらしい。
一緒に行ったメンバーも、2~3回はこういったパーティの参加経験ありだった。


「立派なEducationのうちの一つです。」

と、胸を張って説明するケリー。
それぐらいピーターemoticon-0134-bear.gifのパーティは、アメリカ社会に根付いているらしい。

へぇ~emoticon-0136-giggle.gif


パーティの前半では色々な香りのするスプレーやクリームを使ってゲームをしたり。
後半は、実際にピーターemoticon-0134-bear.gifを閲覧し使い方をケリーから聞く。


e0122968_363223.jpg



このピーターemoticon-0134-bear.gifのパーティの年齢層は、20代前半から40代前半。

ケリーは、来週、教会グループのおばあさん達のところへピーターemoticon-0134-bear.gifを連れて行くらしいemoticon-0123-party.gif
[PR]
by chocolatepecan | 2008-09-08 13:33 | のんびり生活
これ↓、なぁ~んだ?

e0122968_036084.jpg


誰の‘おしり’でしょう?

うひひひー。

答えは、








ロダンの 考える人 です~。


e0122968_2342733.jpg


(↑正面から)

フィリーには、沢山の博物館があります。

このロダンのロダン美術館
フィラデルフィア美術館
フランクリン科学博物館 など。

ロダンの‘考える人’は、正面玄関に飾られているので、入館しなくても拝めます。

フィラデルフィア美術館↓は、ここから徒歩5分。
道路の直線状にあります。


e0122968_0404450.jpg



フィラデルフィア美術館の正面玄関。
なぜ、キチキチがこのポーズをとっているか分かる?


それは、じゃ~ん


e0122968_0423113.jpg



この正面玄関で‘ロッキー’の映画が撮影されたからだよemoticon-0146-punch.gif

更に、フィリーでは、南部で味わえない食事を堪能しました。

まずは、チャイナタウンの飲茶。

e0122968_0443448.jpg


フィリーのチャイナタウンは、全米で人気ランキング第2位。
わたしはNYの方が好きだったけど。


そして、フィリーの夜 = ブックバインダー というお店。

このレストランのメインといえば、これこれ、



e0122968_0461114.jpg



わたしの顔くらいあるロブスターを堪能しました。


デザートもいけてる!

e0122968_0472774.jpg



どれもこれも、大きなサイズ。
でもお味も保障できます。

ロブスターで、結婚2年目をお祝いしましたemoticon-0155-flower.gif

e0122968_2354999.jpg


↑フィリーのダウンタウンにて。キチキチいわく、大阪の御堂筋みたいだって。
[PR]
by chocolatepecan | 2008-09-04 11:23 | ちょっと活動
今年のLabor day(勤労感謝の日)は、わたし達のアニバーサリー・トリップとしてフィラデルフィアに行ってきました。

飛行機で約2時間弱です~emoticon-0169-dance.gif

フィラデルファアは、アメリカの独立宣言がなされた場所。
初めて、アメリカが国として成立した地です。

フィラデルファ(フィリー)の初日は、自由の鐘 = リバティベル というのがありまして、これ↓を見に行ってきました。

e0122968_4412180.jpg


当初、イギリスで作られ運ばれてきたそう。
元々は現・独立記念館の塔↓に据えらており、独立を宣言する際にこの鐘が鳴らされたそう。 

e0122968_4464390.jpg


その後、大きな亀裂が入って、現在は展示されているのです。
ニコラス・ケイジの‘ナショナル・トレジャー’の映画にも、この鐘と建物の場面が出てくるよ。

そして、独立記念館(独立宣言)がされた場所へ実際足を踏み入れました。

e0122968_4493410.jpg


↑の正面の椅子+机は、実際にジョージ・ワシントン大統領が腰掛けたものだそうです。
この部屋へは、無料のツアーのみ入室できます。

フィラデルファアは、アメリカの中ではとてもとても古い街です。
南部では見かけないような建築物も。

e0122968_4525985.jpg


↑は、シティ・ホール。ダウンタウンの真ん中にあります。

フィリーは、街のあちこちに歴史スポットが点在しています。
足が丈夫な人は、歩いて周れます。

例えば、ベンジャミン・フランクリンの家があったり、アイルランドから移民してきた人が住んでいたアメリカ最古の住宅街エルフレス↓というのもあります。

e0122968_4592780.jpg


そして、アメリカの星条旗を初めて作った人ベッツィ・ロスの家も立派な観光名所です。

e0122968_514319.jpg


ベッツィ・ロスは、アメリカがイギリスから独立する前にジョージ・ワシントンに依頼され作成していたそう。この当時は、イギリス軍の監視の目が強く、ベッツィは人の目を盗み作業をしていたと推測されるという。

彼女は、この時代の人にはめずらしく女性で仕事をして、国の独立活動にも積極的に参加していたそうですー。ふーーーーーーん。

彼女の家はとても狭く、当時は数家族かと一緒に部屋を借りていたんだって。

つづく
[PR]
by chocolatepecan | 2008-09-03 15:29 | ちょっと活動