アメリカ南部の夫婦のんびり生活をご紹介


by chocolatepecan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アウターバンクス

今日から10月ですね~、皆さん。

先々週に行ってきたノースキャロライナにあるアウターバンクスを今頃ご紹介したいと思います…042.gif

5時間車を走らせホテルに到着したのは、金曜の夕方。
ホテルの部屋から海が見え、夕日が綺麗でした。

e0122968_21124046.jpg


アウターバンクスは、あのライト兄弟が初めてエンジン飛行に成功した土地です。
今は、その場所にミュージアムと記念碑が建っています。有料

e0122968_21142551.jpg


ここで↓飛んだらしいよ。

e0122968_2117474.jpg


アウターバンクスは、海沿いの観光地。
アメリカ本土から東の大西洋側へ長い橋を渡った小島がアウターバンクス。

e0122968_21195961.jpg


なので、風が強い。
だからライト兄弟も飛行地にこの場所を選んだのです。

この日↓は、いつもより風の強い日だったらしく、海も大荒れ。

e0122968_21193924.jpg


e0122968_21212381.jpg


ハッテラス灯台というレンガ造りの灯台も有名でした。
歩いて階段を上り、上まで上がりましたよ。

e0122968_21224481.jpg


次の日は、もちろん筋肉痛になりました…。
[PR]
# by chocolatepecan | 2008-10-01 08:08 | のんびり生活

お葬式

土曜日は、セルマの兄弟の奥さん(ナンシー)が亡くなったのでお葬式に参列しました。
ナンシーとは、2度ほど会う機会がありました。

ナンシーとセルマの兄弟は、チャールストン近くのビーチに住んでいました。
去年の夏、セルマが心臓の手術を受けにチャールストンに行った際、ナンシーの家まで車でセルマを送り届けたのです。

お葬式は、ナンシーが住んでいた家の近くの教会で前日に行われ、わたし達が住んでいる町のお墓でも翌日行われました。

11時から始まったのですが、終わったのは10分後。

お葬式も日本と違って手短でした。
彼女の地元ではないので参列者も家族と家族の友人のみ。(だろうと思われる。)

お式を執り行ったのは、ナンシーの教会の牧師さんでした。
聖歌を歌って、聖書の箇所を家族と牧師と参列者が何箇所か読みました。

こちらは、日本と違って、参列者の服装もバラバラ。
黒い色を着なくてもOK。
何色の服を着ていても良いようです。

お葬式が終わった後、ブルドーザーがお墓の敷地に入ってきていました。
棺を土の中に埋める為です。
こちらは、土葬です。

参列したメンバーに、隣のフランも一緒だったのですが、フランのご両親のお墓も同じ敷地内にあるらしく案内してもらいました。

そこへ案内されると、しっかりフランのお墓も準備されていました。

「なんか変な感じだけど、準備してるのよ~」003.gif ウフフ~ と笑っていました。

セルマの方も、旦那さんのお墓の横にセルマの誕生日の日付が入った石がしっかり地面に埋まってありました。

ウム。
[PR]
# by chocolatepecan | 2008-09-14 22:04 | 妻のつぶやき

新しいレストラン

今日のお昼は、ハイキ夫妻とわたし達夫婦4人でランチを食べに行きました043.gif

ハーツビルで今話題のレストランです。

このレストランはドアにお店の標識もなく、口コミのみでお客さんがくるレストランです。

しかも火曜、水曜、木曜のランチのみオープン。

e0122968_1049213.jpg


e0122968_10502858.jpg


元々は、モルモン教の教会だったのをオーナーが買い取って、室内を改造したそう。

e0122968_10493374.jpg


この街には、なかなか無い都会っぽい雰囲気です。
しかも、サラダはオーガニックでパン、ドレッシングは自家製。

とても美味しかったです。
いつも、お客さんが絶えないのも、うなずけます!

e0122968_1050049.jpg

[PR]
# by chocolatepecan | 2008-09-11 10:44 | のんびり生活

パーティ

****今日は、物語風でお伝えします****


ある日の夜、ケリーは高速道路を時速100Kmで運転していた。
仕事が遅くなり、自宅で待っている子供を心配し帰り道を急いでいたのである。

そこへ、運悪く警察が!

急いでいる時にかぎって、こういう目に合う。
しかもケリーは、仕事帰り。

本当についていない。

車を脇に停めると、警察官が窓にフラッシュライトを持って近づいてきた。

「免許書と、車の保険証を見せなさい。」

ケリーは、ビクビクしていた。
車の中にあるものを、どうしても警察官に見つかりたくなかったから。

「お酒は飲んでないね。」 と言いながら警察官は、フラッシュライトを後部座席へ。


あっ!


と、赤面するケリー012.gif

彼女は、仕事道具のピーター達(愛称)035.gifをバスケットにポンッと入れて、後部座席に置いていたのである。

「これは、これは。沢山、GUNを持ち歩いているね~。」 と、感心する警察官。

GUNと聞いて、パートナーの警察官も車に近づいてきた。

恥ずかしくて、恥ずかしくて、早く家に帰りたいケリー。
何も悪いことはしていないのである。

「君の名刺をくれ。妻にも教えてあげるよー。」 と、陽気になった警察官。

逃げるように、ケリーは名刺を置いて帰って来た。



**** 先週の土曜日 ****


そんなケリーが仕事にしている、ピーター035.gifのパーティに誘われた。

参加者は、女の子だけのパーティ。
ゲイだってオカマだって入れない、本物の女の子専用パーティ。

e0122968_2562484.jpg


この手のパーティは、主宰者がケリーに連絡し、日を決めパーティの場所(大抵は誰かの自宅)に来てもらうらしい。

参加メンバーは、主催者が招待した人のみ。

アメリカでは、結婚前に女の子だけが集まるブライダル・パーティですることも多いらしい。
一緒に行ったメンバーも、2~3回はこういったパーティの参加経験ありだった。


「立派なEducationのうちの一つです。」

と、胸を張って説明するケリー。
それぐらいピーター035.gifのパーティは、アメリカ社会に根付いているらしい。

へぇ~037.gif


パーティの前半では色々な香りのするスプレーやクリームを使ってゲームをしたり。
後半は、実際にピーター035.gifを閲覧し使い方をケリーから聞く。


e0122968_363223.jpg



このピーター035.gifのパーティの年齢層は、20代前半から40代前半。

ケリーは、来週、教会グループのおばあさん達のところへピーター035.gifを連れて行くらしい024.gif
[PR]
# by chocolatepecan | 2008-09-08 13:33 | のんびり生活
これ↓、なぁ~んだ?

e0122968_036084.jpg


誰の‘おしり’でしょう?

うひひひー。

答えは、








ロダンの 考える人 です~。


e0122968_2342733.jpg


(↑正面から)

フィリーには、沢山の博物館があります。

このロダンのロダン美術館
フィラデルフィア美術館
フランクリン科学博物館 など。

ロダンの‘考える人’は、正面玄関に飾られているので、入館しなくても拝めます。

フィラデルフィア美術館↓は、ここから徒歩5分。
道路の直線状にあります。


e0122968_0404450.jpg



フィラデルフィア美術館の正面玄関。
なぜ、キチキチがこのポーズをとっているか分かる?


それは、じゃ~ん


e0122968_0423113.jpg



この正面玄関で‘ロッキー’の映画が撮影されたからだよ047.gif

更に、フィリーでは、南部で味わえない食事を堪能しました。

まずは、チャイナタウンの飲茶。

e0122968_0443448.jpg


フィリーのチャイナタウンは、全米で人気ランキング第2位。
わたしはNYの方が好きだったけど。


そして、フィリーの夜 = ブックバインダー というお店。

このレストランのメインといえば、これこれ、



e0122968_0461114.jpg



わたしの顔くらいあるロブスターを堪能しました。


デザートもいけてる!

e0122968_0472774.jpg



どれもこれも、大きなサイズ。
でもお味も保障できます。

ロブスターで、結婚2年目をお祝いしました056.gif

e0122968_2354999.jpg


↑フィリーのダウンタウンにて。キチキチいわく、大阪の御堂筋みたいだって。
[PR]
# by chocolatepecan | 2008-09-04 11:23 | ちょっと活動